TOPに戻る
←26-2へ26-4へ→

第二十六集『鴻門の会』26-3


▼ 相関図 (クリックで展開)

○あらすじ○
楚国大将軍の項羽は、秦帝国大将章邯(しょうかん)を倒すと、その降兵20万人を穴埋めにして殺してしまう。これに激怒した楚将劉邦(りゅうほう)は項羽に反抗してみたが、返り討ちに遭い追い詰められてしまう。
その後、張良と項伯の奔走により何とか弁明の機会を得た劉邦は、徹夜で張良と打ち合わせをし会見に臨む...





















































26-4へ→


※今回本編で用いた詩は、作者が考えたのではなく既存の詩の一部文字を変えたものになります。引用元についてはこちらをご覧ください。


←26-2へ26-4へ→
TOPに戻る








inserted by FC2 system